休日に欅坂46のアルバム「真っ白なものは汚したくなる」を聴いていた。

ハルミです。

この間の、休日には、欅坂46のアルバム「真っ白なものは汚したくなる」を聴いてました。

このアルバムは、初回仕様限定盤 (Type-A)、 (Type-B)、通常盤の3つあって、私は・・・どれにしようか迷った挙句、結局、3つ全部買いました。(^_^;)

2枚組で、DISC1には15曲が、DISC2も、Type-Aに14曲、Type-Bだと15曲入っているので、ファースト・アルバムっていうにしては、かなり聴き応えがあるというかサービス心旺盛な気がしました。

ってことで、かなりお得!!

だって、通常版にしても、16曲入っていますからね。ほとんどベストアルバムじゃんって思いました。

で、ちょっと前に物議を醸した「月曜日の朝、スカートを切られた」って曲なんですけど、これは3つすべてに入ってます。

歌っているメンバーを一応書きますね。えっと、石森虹花、今泉佑唯、上村莉菜、尾関梨香、織田奈那、小池美波、小林由依、齋藤冬優花、佐藤詩織、志田愛佳、菅井友香、鈴本美愉、長沢菜々香、土生瑞穂、原田葵、平手友梨奈、守屋茜、米谷奈々未、渡辺梨加、渡邉理佐、長濱ねる・・です。

タイトルが斬新というか、いろいろと話題になったけど、やっぱりすごいの一言です。歌詞もいいですよね。

どうして学校に行かなきゃいけないんだって、これ今の私なら、どうして会社に行かなきゃいけないんだってことになるかな。

真実はネットで調べたら、わかるのかな・・・う~ん、わかりそうもない??

で、個人的には渋谷からパルコが消えた日っていう曲が好きなんですよね。
ノリもいいですしね。

と、まあ、休日に外出もせずに欅坂46のCDを聞きまくっていたんです。